SAI講座

SAIで描く女の子メイキング【ブラシ塗り】

SAIブラシ塗り

SAIで女の子をブラシ塗りで描きました。

ラフから加工まで、どのような手順で描き進めたかをまとめています。

ミサキ
ミサキ
ある程度SAIで絵を描いたことある人向けの解説だよ

活用した本も紹介していますので、参考にしてくださいね。

ブラシ塗りとは

  • おおまかに線画・塗り・陰影のレイヤーで構成される
  • 基本的に、ひとつのレイヤーに1つの色を置く
  • レイヤーを重ねていく塗り方

(参考:プロの絵師に学ぶキャラ塗り上達テクニック/株式会社エムディーエヌコーポレーション)

▼メイキングで使用しているペン設定はこの記事にまとめています。

初心者でも簡単に使える!SAIのおすすめブラシ設定と使い分け【塗り&線画】

SAIでブラシ塗り:ラフから線画まで

ラフ

テーマは「梅雨」です。

アイテムとして、てるてる坊主・カチューシャにアジサイの花をつけることにしました。

SAIブラシ塗りラフ

今回のイラストは女の子のバストアップなので、アイテムは少なめです。

もっとテーマを膨らまして、アイテムを追加したい場合はこちらの記事の「ウェビング」等を試してみましょう。

発想力はなくてもOK!二次創作にも使えるイラストのネタ出し方法

ラフの段階では、どんなポーズをしているか、どこに何があるのか位置決めを行っています。

サトル
サトル
最初は軽い気持ちで描き進めよう

ラフの線は水色を使うことが多く、物によっては色分けをしています。

完成より少し大きめに描き、切り取るところも大体決めておきます。

顔調整

ラフが終わった後、下絵の前に顔のバランス調整をします。

自分の理想とする絵柄の顔パーツのバランスを研究し、そのバランスに近づけています。

顔のバランス調整

少しだけ目の位置を下げました。

ミサキ
ミサキ
顔は大事なので、はじめからこだわって調整しているよ

下書き

顔のバランス調整が終わったら下書きです。ペン入れのときに自分が迷わない程度に書き込みます。

下書き

服の細かなデザインが思いつかなかったので、佐倉おりこさんの「メルヘンでかわいい女の子の衣装デザインカタログ」を参考にしました。

オリジナル絵で服のデザインが思いつかないときに、いつも助けられている本です。

▼レビューはこちら

衣装デザインカタログレビュー
オリジナル女の子を描くなら必携!「メルヘンで可愛い女の子の衣装デザインカタログ」「メルヘンで可愛い女の子の衣装デザインカタログ」のレビューです。本の特徴と、デザイン初心者がパーツカタログを参考にデザインした例を載せています。オリジナル女の子を描く方ならば持っていて損はない一冊です。本書を参考に、是非オリジナル女の子にチャレンジしてみてください。...
ミサキ
ミサキ
とても人気で、新しい続編も出るシリーズだよ!

カラーラフを考える

配色を考えカラーラフを作ります。

今回は「かわいい色の本」の配色を参考にしました。

カラーラフ

梅雨がテーマなので、青系の色を含む好みの色のパレットから選びました。

あらかじめ、大体の色を決めることで迷いなく塗り進めることができます。

created by Rinker
¥1,980
(2021/08/04 10:47:16時点 Amazon調べ-詳細)

かわいい色の本では、47種のかわいい配色テーマが掲載されているのでお気に入りを見つけやすいです。

▼配色についてもっと学びたい方はこちら

配色の基本とコツ
初心者でもわかる配色のコツと基本!創作のために覚えておこう二次創作でも覚えておきたい、配色の基本とコツについて解説しました。カラーサークルの見方、トーンの揃え方、バランスの良い配色の比率や補色の使い方について解説しています。「色選び」は難しく感じますが、配色の知識を得てマネをすればコツが分かりますので参考にしてみてください!...

ペン入れ

ペン入れをします。

意識していることは、キャラの輪郭(外側)は太め、内側はそれより細い線にすることです。

ペン入れのコツ

線画の色は後で変更するので、描きやすい色でペン入れします。

 

SAIでブラシ塗り:塗りから加工と背景まで

塗り分け

色をパーツごとに塗り分けます。

塗り分け

肌・髪・服・目・口やリボンとカチューシャ、てるてる坊主などの小物類は全てレイヤーを分けています。

カラーラフの色をそのまま塗らず、後で影を塗ることを考え、薄い色を塗っているパーツもあります。

全体的な影を塗る

エアブラシを使って、全体的な立体感が出るように色を塗ります。
(分けたレイヤーごと1つずつクリッピングして、通常レイヤーで塗っています)

光源(この絵では左上)を意識しましょう。

エアブラシでぼかし塗り

この段階では、細かい陰影は考えずキャラを1つの物体として捉えて、おおまかにぼかすように塗ります。

この工程を私は「ぼかし塗り」と呼んでます。

細かな影を塗る

エアブラシでぼかし塗りが終わったら、各パーツに細かな影を塗っていきます。

筆ツールを使用しています。

肌と服が塗り終わったのがこちらです。

肌と服塗り終わり

肌のレイヤー構成はこのようになっています。

肌塗りのレイヤー構成
ブラシ塗りの手順
  1. ぼかし塗り(エアブラシ)
  2. 少し濃い1影(筆)
  3. もっと濃い2影(筆)
  4. ハイライト(筆や鉛筆)
  5. その他効果(肌の場合は乗算で頬に赤み)

新しいレイヤーを作り、クリッピングして重ねて塗ります。

基本的に全パーツこのように重ねて塗っていきます。

キャラ塗りがすべて終わったのがこちら。

キャラ塗り終わり

線画の色トレスと加工

塗り終えたら、線画の色トレスをします。

色トレスとは、塗りになじむように線画の色を変えることです。
(線画の色は、塗りの色より明度を下げた色にしています)

また、加工も行いました。

加工終わり

加工は、キャラの上からエアブラシで乗算・オーバーレイ・スクリーンで色を乗せています。

▼こちらの記事と同じ加工手順です。
SAIでもできる!合成モードを使い分けた仕上げ加工の方法【逆光も紹介】

加工レイヤーを通常レイヤーに戻すとこうなっています。

色トレスと加工通常表示

スクリーンは参考記事では明るい水色を使っていますが、この絵ではくすんだ青色にしています。

サトル
サトル
色は雰囲気に合わせて使い分けてね

クリスタで文字と背景を入れる

SAIデータをPSDデータで保存し、クリスタで作業します。

背景と文字を入れて、切抜きをして完成です。

てるてると少女完成

文字のフォントは「KFひま字」を使っています。

背景の水滴模様はイラストレーターで作りました。

以上、SAIでブラシ塗りで女の子を塗る手順でした。

★参考にした本

created by Rinker
¥1,980
(2021/08/04 10:47:16時点 Amazon調べ-詳細)

もっと色んな塗りを学びたい方はこちらの記事をどうぞ。

塗り教本
【クリスタ&SAI】色塗りをレベルアップ!上達におすすめのメイキング本を紹介主にクリスタ(メイン)SAIで塗りを上達させたい人向けにオススメの技法書を紹介しています。どのような人におすすめか、参加イラストレーターさん、本の特徴、特典についてまとめています。自分に合った教本で、塗りのレベルアップを目指しましょう!...

パルミーで学べるSAI講座をまとめました。

SAIパルミー講座
お絵かき講座パルミーで受講できる、SAI講座のレビュー【厚塗り講座もあり】パルミーで受講することの出来る「SAI」を利用している講座を8つ紹介しています。ブラシ塗り、厚塗り、アニメ塗りなどの講座を見ることが出来ます。講座を受講して特に勉強になった点や配布資料の特徴も紹介しています。...
こちらの記事もおすすめ