SAI機能

初心者でも簡単に使える!SAIのおすすめブラシ設定と使い分け【塗り&線画】

SAIのブラシ設定と使い分け
  • SAIのブラシってどう使い分ければいいの?
  • ブラシの特徴がイマイチ分からない
  • オススメのブラシ設定が知りたい

このような方のために、SAIのブラシツールの特徴と使い分けの例を紹介します。

ミサキ
ミサキ
私は10年近くSAIで絵を描いているので、参考にしてみてくださいね

▼記事で紹介するSAIブラシの使い分け例

  • 鉛筆:線画用
  • エアブラシ:ぼかし塗り用
  • 筆:2段階目の影用
  • 水彩:ぼかし用

SAIの鉛筆

SAI鉛筆

鉛筆ツールは、線画を描く時に適しています。

塗りでは硬いところや細いところを塗るときに使えます。

▼鉛筆ツールを利用し、線画を描いてみました。

鉛筆で描いた線画

線画に使った鉛筆の設定はこちらです。

SAI鉛筆ツールの設定
サトル
サトル
線画を描く時は「最小サイズ」は0にするといいよ

SAIのエアブラシ

SAIのエアブラシの特徴

SAIのエアブラシはこんなところに使えます。

  • ぼかして塗りたいところ
  • 柔らかい部分の塗り
  • 仕上げ加工

私は色を塗り分けた後に、キャラの立体感をとらえるために、エアブラシで各パーツをおおまかに塗っています。

エアブラシでぼかした影を塗る

 

また、エアブラシは仕上げ加工にもよく使います。

SAIでできる簡単加工
SAIでもできる!合成モードを使い分けた仕上げ加工の方法【逆光も紹介】SAIを利用して簡単に絵の見栄えを良くする、キャラの加工方法を紹介しています。乗算・オーバーレイ・スクリーンなどの合成モードを利用しています。ドラマチックさを演出できる逆光の加工方法も紹介。全て5分程度で出来るので、是非チャレンジしてみてください!...

エアブラシの柔らかな描き味は、色味を加えるのに向いているためです。

エアブラシは、他のツールよりもぼけ具合を調整すると使いやすいので、意識して使い分けてみてください!

SAIのエアブラシのボケ具合
サトル
サトル
ふわっとした塗りは使いどころがたくさんあるね!

SAIの筆

SAIの筆の特徴

筆ツールは主に塗りと、細くすれば線画にも使うことが出来ます。

個人的に、SAIを使っているプロの方の利用率が高いツールだと感じています。

私は、肌や服の影に良く使います。

先ほどのエアブラシでぼかした塗りの後に、筆ツールでもう少し細かい影を入れます。

SAIの筆で細かい影を塗る

細い部分を塗るときは、「最小サイズ」を小さめに調整してみましょう。

利用しているオススメ設定はこちら。

SAIの筆のオススメ設定

SAIの水彩

SAIの水彩筆の特徴

水彩は、主にぼかし用に利用しています。

筆でつけた影を、水彩でぼかすという手順を良く使います。
(筆と水彩は基本的に同じ色を選択しておきます)

SAIの水彩筆でぼかす

利用した水彩の設定はこちら。

水彩筆の設定

SAIのブラシ設定まとめ

ブラシツールの使い方は一例ですので、好みに合わせて使ってみてください。

ミサキ
ミサキ
迷っていたらこの記事のブラシ設定を参考にしてみてね

お絵かき講座パルミーさんでもSAIの講座が多数あるので、講師の先生のペン設定を真似してみるのも楽しいですよ!

SAIパルミー講座
お絵かき講座パルミーで受講できる、SAI講座のレビュー【厚塗り講座もあり】パルミーで受講することの出来る「SAI」を利用している講座を8つ紹介しています。ブラシ塗り、厚塗り、アニメ塗りなどの講座を見ることが出来ます。講座を受講して特に勉強になった点や配布資料の特徴も紹介しています。...

もっと色んなSAIのメイキングが見たい方はこちらをどうぞ。

SAIの講座まとめ
SAIユーザーのためのおすすめメイキング&講座リンク集まとめお絵描きソフトSAIの講座やメイキングが見られるサイト様を40件以上、抜粋してまとめました。ワコムタブレットサイト様の記事は組み合わせるソフトで分類して紹介しています。お気に入りのSAI講座を見つけるためにご利用ください。...

SAIで空を描いてみましょう(雲ブラシの設定も紹介してます)

空の描き方
SAIで簡単!10分でできる空の描き方【雲ブラシ設定も紹介】SAIを利用した簡単に描ける背景、空の描き方を解説しています。雲のブラシ設定も紹介。エアブラシでグラデーションを作り、水彩でぼかせば、青空の背景を短時間で描くことが出来ます。...
こちらの記事もおすすめ