SAI講座

お絵かき講座パルミーで受講できる、SAI講座のレビュー【厚塗り講座もあり】

SAIパルミー講座

私は普段お絵描きで「SAI」をメインに利用しています。

パルミーの月謝制で受講できるSAIの講座は優先して全て受講したので、感想をまとめました。

ブラシ塗り・厚塗り・アニメに近い塗り・・・と多様な塗り方が学べます。

今回は7つの講座を紹介しています。

「普段SAIを使っているけど、パルミーではどんなSAI講座があるの?」
という方は参考にしてみてください^^

ミサキ
ミサキ
興味を持ったら、パルミーさんの講座ページもチェックしてみてね。

キャラクターイラスト上達講座

キャラクターイラスト上達講座
キャラクターイラスト上達講座

海にもぐる女の子のイラストを作例に、表現方法・デザイン・構図から色塗りまで幅広い解説があります。
それぞれの項目を丁寧に深堀りし、細かなテクニックも紹介しています。

sho先生独自の手法も紹介があります。
例えば、女の子の髪のハイライトにダイヤやハート型を散りばめて、可愛く魅せる方法などです。

全体的に先生が「なぜそのように描くのか」を解説してくれているので、頭にスッと入ってきて実践がしやすく感じました^^

ミサキ
ミサキ
キャライラスト初心者さんに、まずおすすめできる講座だよ!

制服少女を描く デジタルイラスト入門講座

制服少女
制服少女を描く デジタルイラスト入門講座

女の子の魅力を引き出すためにはどうしたらいいか学べる講座です。
SAIで化粧をするように水彩筆で色塗りする手順が見られます。

資料も充実しているのも特徴の1つ。
ブレザー・セーラ服・女の子の髪型と表情をまとめた資料が分かりやすく、印刷して手元において置くと役立ちます^^
プリーツスカートの構造を紙で再現しており、光の当たり方が視覚的に分かるようになります。

ミサキ
ミサキ
見ているだけで可愛い女の子が描けそう!
サトル
サトル
・・・ちゃんと練習をして手を動かそう

ベコ太郎先生特別授業 キャラクターイラストメイキング

ベコ太郎先生講座

ベコ太郎先生特別授業 キャラクターイラストメイキング

白いワンピースを着た女の子のブラシ塗りでのメイキングをラフから完成まで見られます。

プロの絵師さんがイラストを完成させるまでの手順を全て見たい方にオススメです。

細かく色を塗りながらも、全体のバランスを何度もチェックしながらのメイキング。
特にSAIの「マーカー」を多用した塗りを見ることが出来ます。

パルミースタッフさんとベコ太郎先生の会話にも上達のコツが詰まっていますので長い時間でも飽きずに視聴できました!

U35先生特別授業キャラクターイラストメイキング

U35先生講座
U35先生特別授業キャラクターイラストメイキング

アニメ塗り+ぼかし塗りの女の子のメイキングが見られます。

U35さん独特の、ふんわりとした髪の描き方のコツの説明もあります^^
少ない色数で立体感を出すにはどうすればよいのか、塗りの場面を何度も見返しました。

塗りだけでなく、ふんわり感を出すための線画のコツも解説されており勉強になりました。

ミサキ
ミサキ
鉛筆と筆を使った塗りをチェックしてみよう

乙女ゲーム風 男子キャラの色塗り講座

乙女ゲーム風塗り講座
乙女ゲーム風 男子キャラの色塗り講座

バストアップの男性キャラの「塗り」のメイキングです。
塗り方はマーカーをメインに使ったブラシ塗りです。

乙女ゲームのようにキラキラとした鮮やかな塗りが完成する手順が分かります。

乗算・スクリーン・明暗といったレイヤーモードで複数の色を塗り重ねるのが特徴。
「線を太くしすぎない」等、乙女ゲーム風イラストで意識するポイントが分かります。

配布資料にペン設定が載っているので、まずはマネして塗ってみましょう^^

ミサキ
ミサキ
イケメンの塗り方のコツが詰まってるよ!

厚塗りイラスト講座

厚塗り講座
厚塗りイラスト講座

バストアップの中華風女の子の厚塗り講座です。

厚塗りの考え方の基本から解説されているので厚塗り初心者にオススメです。

パーツごとに厚塗りの方法の説明があるので、SAIを開いて実践しながら学ぶことが出来ます。

キャラの塗りだけでなく、背景の塗り(遠景・近景)も詳しい解説があります。
途中経過も含めた作例イラスト(PSDデータ)が配布されているので完成までの過程が分かりやすいです。

サトル
サトル
厚塗りの全体像が分かる講座だよ

ファンタジーイラスト講座

ファンタジーイラスト講座
ファンタジーイラスト講座

フカンで描くファンタジー風女の子の厚塗りメイキング。
アイデア出しから完成までの行程を説明しているので、プロの厚塗り絵の完成を1から見たい人向けです。

レイヤーの枚数が多いので、受講しながらレイヤー構成をメモしておくと分かりやすいです。

ファンタジーの世界に出てくる花・金属・魔法の効果などの解説もあります。
「レイヤーマスク」を使った仕上げをしています。

パルミーのSAI講座を受講しての感想

ツールとしては「筆」を利用している先生が多いと感じました。
使う頻度が少なかった「マーカー」を使っている先生もいたので、自分も今後幅広くペンを使いたいと思いました。

ほとんどの講座でペン設定の解説があるので、パルミーがきっかけで、SAIで幅広い種類のペンを使うようになり、創作の幅が広がりました!

SAIだけで完成させるのではなく、他のソフト(クリップスタジオ・フォトショップ)を組み合わせている先生が多かったです。

意外だったことは自分が便利でよく使っている「水彩境界」「用紙質感」を活用している先生があまりいなかったことです。

パルミーはクリスタの講座も多いですが、SAIの講座もこれだけあります。
SAIユーザーの方でパルミーが気になっている方は是非受講してみてくださいね。

ミサキ
ミサキ
まずは7日間無料のお試しで紹介した講座を見てみてね
お試しバナー

 

パルミーの感想
お絵かき講座「パルミー」は高い?1ヶ月受講の感想お絵かき講座「パルミー」の感想をまとめました。 結果としては、自分の中で絵に関してポジティブな変化が多く 受講して満足でした! ...
SAIで用紙質感を追加
【テクスチャ】SAIにオリジナルの用紙質感を追加して差をつける方法SAIの「用紙質感」皆さんは活用していますか? デフォルトでは以下4つの「用紙質感」が登録されています。 水彩1...