SAIメイキング

SAIで簡単!初心者でも塗りやすい目の塗り方講座【目イキング】

SAIで目の塗り方講座
  • SAIで目を塗ってみたいけど、どう塗ったらいいか分からない
  • 初心者でも分かる基本的な目の塗り方を知りたい

そんなあなたへ。

この記事ではSAIを活用した「目の塗り方」を解説しています。

初心者でも塗りやすい手順で、レイヤー構成と使った色も画像で解説

SAIでの基本的な目の塗り方を覚えて、キャラ塗りに活用してくださいね。

SAIで目を塗るためのレイヤー構成と利用したブラシ

・完成した目とレイヤー構成

目の全体のレイヤー構成

線画のすぐ下に、塗りをまとめた「目の塗り」フォルダを作ります。

線画より上には、線画の色変更用レイヤーとハイライトのレイヤーがあります。

「目の塗り」フォルダの下には、白目と白目の影のレイヤーを置いています。

 

・塗りに使用したブラシ

SAIブラシ設定

目の塗りはエアブラシ、ハイライトと虹彩には鉛筆を活用しました。

基本的にはブラシ濃度100で、シンプルな設定です。

ブラシにこだわりはなく、似たように塗ることが出来れば、他のブラシ(筆)を使うこともあります。

SAIで目を塗る方法

これから塗る目の線画はこちら。

目の線画

目の線画は肌になじむ茶色系の色にすることが多いです。

 

1.白目を塗る

白目を塗る

白目の部分は目の線画に沿ってつなげる意識で塗ります。

 

2.ベースの色を塗る

ベースを塗る

線画の下に「目の塗り」フォルダを作り、「ベース」レイヤーを作成。

黒目の部分を水色で塗りつぶします。

 

3.瞳孔を描く

クリッピングして瞳孔を描く

ベースレイヤーの上に瞳孔レイヤーを作りクリッピングします。

ベースより暗い色で、少したて長の円の形で瞳孔を描きます。

★以降、新しいレイヤーはベースのレイヤーにクリッピングをしていく形で塗っていきます。

 

4.上からの影を塗る

目の上からの影を塗る

瞳孔の上から、大体目の半分くらいまで、瞳孔と同じ色で上からの影を塗ります。

 

5.瞳孔と上からの影レイヤーを結合

影と瞳孔のレイヤーを結合

手順3で描いた「瞳孔」と、手順4で塗った「上からの影」のレイヤーを結合します。

 

6.瞳孔の色調整

色相と彩度調整

手順5で結合したレイヤー「瞳孔」を色調整して、好みの色合いにします。

[フィルタ]→[色相・彩度]で以下のバーを表示します。

色相と彩度調整

瞳孔が引き立つように、くっきりと見えるよう彩度を上げ明度を下げました。

サトル
サトル
ベースの色との兼ね合いをみて、自分好みの色合いに変更してね

 

7.瞳孔に水彩境界を加える

水彩境界で瞳孔にふちをつける

「瞳孔」レイヤーに「水彩境界」を加えます。

水彩境界の効果で、瞳孔にさりげなくフチが付き瞳孔が強調される効果があります。

水彩境界の幅と強さは好みに合わせて設定しましょう。

(今回の目では幅:1 強さ70に設定)

 

8.目の上側に乗算で暗い影を加える

乗算で暗い影を加える

「乗算」モードのレイヤーを新しく上に作り、目の上側により暗い影を落とします。

同じ青系統の色をのせて、より暗い影にしました。

 

9.目の下側に虹彩を描く

虹彩を描く

一番上ではなく、ベースのすぐ上にレイヤーを作りクリッピングします。

目の下側に半円が途切れたような形で、虹彩を描きます。

色は「瞳孔」レイヤーの暗くない部分をスポイトしています。

虹彩はエアブラシでなく、鉛筆の最小サイズを0~10%にした「鉛筆」を使うと描きやすいです。

 

10.瞳孔の中央に光をのせる

瞳孔の中央に光をのせる

ベースの色をスポイトし、瞳孔の中央にうっすらとした光をのせます。

通常レイヤーで、透明度を50%に落としました。

 

11.目の下に明暗レイヤーで光を入れる

明暗レイヤーで下の光を入れる

明暗レイヤーを作り、青緑色を目の下側にのせます。

明暗レイヤーの透明度は25%に下げました。

透明度は見映えの好みや、使う色によって調整しましょう。

 

12.スクリーンで目の上側に反射光をのせる

上の反射光

ベースの色をスポイトし、スクリーンモードのレイヤーで目の上側に反射光をのせます。

横に長い楕円系の大小二つの反射光を加えました。

 

13.ハイライトを加える

線画の上にハイライト

線画の上にレイヤーを作り、白でハイライトを描き加えます。

▼ハイライトはメインとサブを設定して描いてます

  • メインのハイライト:左上(大きめと小さめのハイライト)
  • サブのハイライト:中央右上・右下・左下(小さめのハイライト)

▼ハイライトの形は、丸以外にもこんな形が使えます

目のハイライトの形例

 

14.ハイライトのフチを発光させる

ハイライトの下に発光を加える

目の塗りレイヤーの一番上に「発光」モードのレイヤーを作ります。

ハイライトの下に、フチを作るように明るい水色を置きます。

すると、ハイライトがより強く発光しているように見えます。

発光レイヤーの透明度は90%に下げました。

 

15.目の色味を調整する

目全体の色調整

目の塗りの一番上に「オーバーレイ」モードのレイヤーを作り、紺色で塗りつぶします。

目の全体的な色味を調整するためです。

オーバーレイレイヤーの透明度は40%に下げました。

オーバーレイだけでなく、明暗、スクリーン、乗算など雰囲気によってモードを変えます。

 

サトル
サトル
これで、目の塗りは終わり。次の項からは、線画の色変更白目の影の塗りを解説するよ!

目の線画と白目の影を塗る

16.黒目の線画の色を変更

黒目の線画色変更

線画の上にクリッピングしたレイヤーを作成します。

黒目の線画の色を、目の塗りになじむよう暗い青色で塗りつぶします。

目の中の暗い所の色をスポイトし、さらに明度を下げた紺色系の色で塗りました。

 

17.上下まぶたを肌色になじませる

肌になじむ色を塗る

手順16と同じく、線画の上にクリッピングしたレイヤーを作成します。

以下の場所に赤みを強くした茶色をのせて、肌になじませます。

  • 上まぶたの左右の端
  • 下まぶたと、黒目の線画の下側

 

18.上まぶたに反射光の色をのせる

反射光の色を上まぶたに塗る

上まぶたに、上側の反射光の色をスポイトしてのせます。

通常レイヤーで50%に透明度を落として、うっすらと色がのっている色味にしています。

 

19.白目にグレー系の色で影を塗る

白目の影をグレーで塗る

白目に影を塗ります。

画像の矢印のように、黒目の影に合わせて塗ります。

色は、肌色をスポイトして、グレーに近づけた色を塗りました。

 

これで、SAIを活用した目の塗りが完成です。

目の塗り完成

目の色の選び方について

ミサキ
ミサキ
目の色を何色にしたらいいのか迷うなあ・・・
サトル
サトル
迷ったときは「補色」を選ぶといいよ

「補色」とは色相環の反対にある色のことです。

補色の色相

例えば、全体的な色が赤色のキャラならば、緑系の目にしてみましょう。

補色を活用したイラスト

補色によって目がより引き立つ効果が得られます。

▼配色の基本については、こちらの記事で解説しています

配色の基本とコツ
初心者でも分かる配色のコツと基本!イラストを描く際に知っておくべきことイラストを描くときの配色の基本&コツについて解説しました。カラーサークルの使い方、トーンの揃え方、バランスの良い配色の比率や補色の使い方について解説しています。「色選び」が苦手でも知識を得てマネをすればコツが分かりますので参考にしてみてください!...

魅力的な目のためには、色々な講座を参考にしよう

初心者の方向けに、SAIでの目の塗り方を紹介しましたがいかがでしたか?

目の塗り方の正解は1つではなく、トレンドによって目の描き方は移り変わります。

より魅力的な目を描くコツは、様々な目の塗り方講座を参考に取り入れることです。

▼以下の記事で、目の塗り方講座を多数紹介しています。

おすすめの目の塗り方講座15種類紹介した記事
目の塗り方講座
【初心者向け】映える目の塗り方が学べるおすすめ本&講座15選初心者の方にもおすすめできる「目の塗り方講座」と「目の塗り方教本」をまとめました。トレンドに合った、自分好みの目を探してみましょう。記事を参考に理想の目の塗り方を見つけて、イラストの見映えをもっと良くしましょう。...

▼キラキラな目が描けるようになる「お絵かき講座パルミー」さんの講座

描きこみレベル別目の描き方講座

描き込みレベル別に解説されており、絵柄に合わせた3段階の目の表現が学べる講座です。

見本ファイルもダウンロードでき、この講座のおかげで目の表現を広げることが出来ました。

 

目の塗り方が学べる教本
created by Rinker
¥2,195
(2022/11/28 09:35:33時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,195
(2022/11/28 06:20:17時点 Amazon調べ-詳細)