SAI情報

【SAIとクリスタ】デジタルイラスト初心者はどっち?併用している絵描きが解説

SAIとクリスタどちらがいい
  • デジタルイラストを始めたいけど、SAIとクリスタどっちがいいの?
  • SAIとクリスタの特徴を知りたい

このような疑問に、SAIとクリスタどちらも5年以上利用している私が解説します。

ミサキ
ミサキ
SAIに関しては10年近く使ってるよ!

両方のソフトを使ってきたからこそ分かる視点で解説をしていきますで、参考にしてみてくださいね!

SAIとクリスタの値段

【SAI】

ダウンロード版:5,500円

パッケージ版はなくダウンロード版のみ。
対応OS:windowsのみ。

【クリスタ(クリップスタジオペイントPC版の場合)】

クリスタにはPRO版と上位モデルのEX版があります。

クリップスタジオペイントPRO

ダウンロード版:5,000円
パッケージ版:9,200円

▼アマゾンのパッケージ版(定価より安くなってます)

created by Rinker
セルシス
¥7,409
(2021/10/21 10:44:48時点 Amazon調べ-詳細)

クリップスタジオペイントEX

ダウンロード版:23,000円 (PROを所持している場合の優待価格なら18,000円)
パッケージ版:37,200円(PROを所持している場合の優待価格なら28,000円)

created by Rinker
セルシス
¥29,955
(2021/10/21 10:44:48時点 Amazon調べ-詳細)

対応OS:windows、macOS

SAIの特徴

SAIはこんな人向け
  • マンガよりイラストをよく描く
  • 描いたイラストはWebでの公開がメイン
  • 水彩系のツールをよく使う

SAIのメリット

SAIのメリットを3つ紹介します。

初心者にとってシンプルで分かりやすい

SAIのコンセプトは「気軽に気持ちよく絵が描けること」です。

シンプルで分かりやすい画面構成が特徴。

SAIの画面構成

デジタルで絵を描き始めてまずぶつかる壁は「ペンタブに慣れる」ことではないでしょうか?

ミサキ
ミサキ
私もペンタブに慣れるのには時間がかかったなあ・・・

最初から多機能なソフトを使っていた場合、機能を覚えることの方に気をとられてしまう可能性があります。

その点シンプルで快適に絵が描けるSAIは、ペンタブに慣れるために適しています。

また、多数のデザイン関連本や素材集を出している井上のきあさんも「SAI Illustration Technique」という本でSAIを「描くことに集中できる」と評しています。

Photoshopのようなフィルタがないとか、正円が描けるツールがないとかいう声もありますが、逆に考えれば機能が厳選されていることで、「描く」ことに集中できるメリットのほうが大きいんじゃないでしょうか。
(引用元:SAI Illustration Technique/井上のきあ著/p167)

created by Rinker
¥2,545
(2021/10/20 21:57:01時点 Amazon調べ-詳細)

描き心地がよい

2つ目は何といっても描き心地の良さ。これが理由で私はSAIを使い続けています。

描き心地は実際に触ってみないと伝わらないのですが、表現するならば、アナログに近い描き心地が味わえます。

クリスタでも、SAIの描き心地を再現するためのツールや素材が多くあるのがその証拠。

てんSAIブラシ

S■Iから引き継いだブラシ

SAI 風混色・色混ぜ 

▼実際にキャンバスに描いているような描き具合だという意見も。

個人的には、色のなじみ具合がクリスタより心地よく感じるので水彩系の塗りをやってみたいという方におすすめです。

水彩系ツールでなじませるように描いてみました。

①SAIの筆と水彩筆の場合

SAIの混ざり具合

 

②クリスタの「塗り&なじませ」の場合

クリスタの混ざり具合

SAIの方が若干、色のなじみがなめらかに見えませんか?

ミサキ
ミサキ
パラメーターを調整したり、個人の環境によっても変わるからあくまで参考にね

動作が軽くて使いやすい

SAIはクリスタよりも求めるPCのスペックが低いです。

そのため、SAIは起動時間やツールの反応が早く快適に使えます。

動作環境

SAI→1GB以上
クリスタ→2GB以上(8GB以上推奨)

ミサキ
ミサキ
性能が低めのPCでも使えるのはSAIの方だよ

SAIのデメリット

機能が少ない

SAIにないので注意しておくべき機能があります。

SAIにない機能
  • 文字が入れられない
  • CMYK出力が出来ない
  • 印刷が出来ない
  • ぼかしのフィルタ機能がない

文字が入れられないのでSAIだけでマンガを完成させるのは難しいです。

また、印刷用のCMYK出力が出来ないのにも注意が必要です。
同人誌のカラー表紙は、CMYK形式での入稿が必要な印刷会社もあるからです。

(PSD形式での保存は対応しているので、SAIでカラー表紙を描き、PSD形式で入稿したことはあります)

円や四角などの図形を描くツールもありません。

▼ただし図形は「ペン入れレイヤー」で工夫すれば描けます。

SAIのペン入れレイヤーで、図形の描き方を解説【四角・円・三角】

実際、プロでもほとんどの方がSAIとフォトショップ等のソフトを併用しています。
(SAIで描く→加工は別のソフトというのが鉄板)

SAIそのものが、他のソフトと併用すること前提に作られているともいえるでしょう。

新しい技法書がクリスタと比較すると少ない

新しいイラスト技法書が少ないです。

SAIユーザーが多かった2010年前後には多数の技法書が発売されていました。

サトル
サトル
じゃあ、SAIの技法って学びにくいの?
ミサキ
ミサキ
根強く使っているイラストレーターさんも多いし講座もあるよ!

▼パルミーさんにもSAIを利用した講座があります。

SAIパルミー講座
お絵かき講座パルミーで受講できる、SAI講座のレビュー【厚塗り講座もあり】パルミーで受講することの出来る「SAI」を利用している講座を8つ紹介しています。ブラシ塗り、厚塗り、アニメ塗りなどの講座を見ることが出来ます。講座を受講して特に勉強になった点や配布資料の特徴も紹介しています。...

▼ネット上にも有益な講座が多数ありますのでご安心を。

SAIの講座まとめ
SAIユーザーのためのおすすめメイキング&講座リンク集まとめお絵描きソフトSAIの講座やメイキングが見られるサイト様を40件以上、抜粋してまとめました。ワコムタブレットサイト様の記事は組み合わせるソフトで分類して紹介しています。お気に入りのSAI講座を見つけるためにご利用ください。...

技法書も、中古で安価な本が購入しやすくメリットと捉えることもできます。

created by Rinker
¥1,848
(2021/10/21 10:44:49時点 Amazon調べ-詳細)

クリスタの特徴

クリスタはこんな人向け
  • イラストだけでなくマンガや同人誌制作を考えている
  • 多機能なソフトが良い
  • 素材を手軽にダウンロードして使いたい

機能の多さが特徴で、SAIでできることのほとんどはクリスタでも出来ます。

お絵かき講座パルミー(月謝制6ヶ月)を始めると、ペンタブレットWacom Intuos S(CLIP STUDIO PAINT2年間ライセンス付がプレゼントされます。

パルミーの感想
お絵かき講座「パルミー」は高い?1ヶ月受講の感想お絵描き講座「パルミー」を1ヶ月受講したので、メリットやデメリットを含めたレビューをまとめました。おすすめ講座も紹介しています。他の動画や教本で学ぶのと、パルミーで学習する場合のの違いについても説明しています。パルミーを受講するか迷っている場合の参考にしてくださいね。...

クリスタのメリット

クリスタのメリットを3つ紹介します。

利用者が多い

クリスタはピクシブの投稿ユーザーに最も多く使われているソフトです。

ユーザーが多いことによる利点
  • 分からないことがあっても調べれば解決法がみつかりやすい
  • 技法書が数多く発売されている

ネット上でも講座やメイキングが数多くあるので、手軽に参考にすることが出来ます。

サトル
サトル
上手な人のマネをして、上達に結び付けやすいのはいいね!

マンガ作成機能が充実

クリスタにはイラストだけでなく、マンガ向け機能が揃っています。
(SAIは文字を入れることが出来ずマンガや同人誌には不向き)

特に同人誌を描きたい場合。

複数ページを管理する機能がありますので、原稿データを扱いやすいです。

マンガのページ管理
ミサキ
ミサキ
同人誌は作るページが多いから便利!

イラスト制作ならPROマンガも描く場合はEXを選択するとよいでしょう。

専用素材が手軽にダウンロードできる

クリスタの機能の中でも私のイチオシは「Clip Studio Assets」です。

ユーザーの作ったクリスタ専用の素材が多数ダウンロードできます。

クリスタassets
Clip Studio Assetsでダウンロードできるものの例
  • カスタムブラシ
  • トーンや背景の素材
  • カラーセット

無料で入手できるものも多く、眺めているだけで楽しいです。
(一部CLIPPYというポイントで入手できるものや有料のものも有)

SAIと併用することの多い私は、特に背景を埋めたりする際によく利用しています。

クリスタのデメリット

機能が多すぎて戸惑う

クリップスタジオの機能の多さが、かえって初心者には分かりづらく感じてしまうかもしれません。

クリスタEXの画面構成
サトル
サトル
SAIと比べたら少し複雑だね

機能の多さをフォローする公式ガイドが発売されていますので、学びやすくなっています。

created by Rinker
¥2,530
(2021/10/20 21:59:11時点 Amazon調べ-詳細)

学びに役立つサイトもありますので分からないことがあれば、チェックしてみてください。

CLIP STUDIO TIPS(講座系サイト)
CLIP STUDIO ASK(質問サイト)

SAIより動きがもっさりする

私のPCのメモリは4GBで、クリスタ(推奨メモリ8GB以上)はSAIと比べた場合少し動作がもっさりします。

とはいえ、クリスタを使う際に困るレベルではありませんのでそこまで心配は要らないでしょう。

サトル
サトル
低いスペックのPCを利用している場合は、留意しておくといいね

SAIとクリスタどちらを選んだらいいの?

ここまで読んで、ソフトの選択に迷っているという方へ。

両方ソフトを使っている私の考えを紹介します。

描きたい絵に合わせる

「こんな絵を描きたい」と思う絵師さんと同じソフトを選んでみましょう。

その方が純粋に同じ機能を使えますし、理想の絵を目指しやすいです。

憧れの絵師さんと同じツールを使った方がモチベーションも上がります!

機能は使い方が大事

記事を書くにあたり、調べたところ「初心者からクリスタを利用するのが良い」という意見が多数派でした。

ただ、私が個人的に思ったのは

たくさんの機能があれば、良い(上手い)絵が描けるとは限らない

ということです。

これは、多機能なソフトを否定しているわけでは全くありません。

「機能をどのように生かすか」が大事だということです。

これは私の実体験を元にした話になります。

私が中学生の頃、コピックを買い揃えられず10色程度しか持っていませんでした。

そのとき私は

ミサキ
ミサキ
もっとたくさんの色が揃えば良い絵が描けるのに・・・

と思ってました。

あるコピックの技法書を購入したところ、4色だけで描いた魅力的なイラストが載っていました。

たくさんの色があったほうが良い絵が描けると考えていましたが、道具は数より「使い方」も大事だとそれから考えを改めるようになったのです。

今後も長く絵を描いていく上で、ツールやソフトをどのように使っていくかを考えてみましょう。

SAIとクリスタの良いとこどりがおすすめ

個人的にはどちらのソフトも良い点があるので、そこを生かして使っていくのがおすすめです。

私は使い慣れているSAIでキャラクターを完成させ、クリスタで背景や文字を入れるという使い方をしています。

▼SAIとクリスタを利用したメイキング

SAIブラシ塗り
SAIで描く女の子メイキング【ブラシ塗り】イラストソフト「SAI」にて、ブラシ塗りで女の子を描くメイキング手順をまとめました。ブラシ塗りは、クリッピングレイヤーを作り上に塗り重ねていく描き方です。過程ごとに、参考にした本や記事も紹介していますので、SAIを使っている方は参考にしてみてくださいね。...
サトル
サトル
足りない点は補いあって使っていけばいいんだね

そのために、ソフト実際に使ってみるのがおすすめです。

どちらのソフトにも無料体験期間があります。

SAI:試用期間1ヶ月

製品版と同じ機能が使えます。
(1ヶ月を過ぎるとデータの保存と読み込みができなくなります)

SAI公式サイト

クリスタ

・CLIP STUDIOアカウントの登録で試用期間30日間
・月額利用プランを申し込むと3ヶ月間無料

公式サイト(試用について)

SAIとクリスタのメリットまとめ

SAIのメリット

  1. 初心者にとってシンプルで分かりやすい
  2. 描き心地がよい
  3. 動作が軽くて使いやすい

 

クリスタのメリット

  1. 利用者が多い
  2. マンガ作成機能が充実
  3. 専用素材が手軽にダウンロードできる

ここで紹介した意見はあくまで私の使用感に基づくものです。

ミサキ
ミサキ
是非どちらも触ってみて判断してね

紹介している機能やメリットもほんの一部ですので、ぴったりなソフトを選んでみてください!

▼SAIとクリスタの色塗りについて学ぶ

塗り教本
【クリスタ&SAI】色塗りをレベルアップ!上達におすすめのメイキング本を紹介主にクリスタ(メイン)SAIで塗りを上達させたい人向けにオススメの技法書を紹介しています。どのような人におすすめか、参加イラストレーターさん、本の特徴、特典についてまとめています。自分に合った教本で、塗りのレベルアップを目指しましょう!...