iPadお絵描き

お絵描き用にiPad Pro 12.9インチは大きい?サイズを比較してみた 

iPad Proのサイズ比較
ミサキ
ミサキ
お絵かき用にiPad Proの購入を考えているけど、11インチと12.9インチはどちらがいい?サイズに迷ってしまう・・・

どちらのサイズにもメリット・デメリットがあり、高額な買い物なので迷いますよね。

私は最終的に12.9インチ(wi-fiモデル/128GB/第5世代)を購入しました。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥129,800
(2022/05/21 23:24:19時点 Amazon調べ-詳細)

この記事ではiPadPro購入までに考えたことと、一番気になっていたサイズについて解説をします。

この記事で分かること

・iPad Pro 12.9インチのメリット
・iPad Pro 12.9インチのサイズ比較
・お絵描きに必要なiPad用ケース・ペーパーライクフィルム

お絵かき用にiPad Proの購入を考えている方の参考になると思いますので、最後までお付き合いください!

お絵かき用にiPad Pro 12.9インチを選んだ理由

iPad Proの購入を検討するにあたり、11インチと12.9インチどちらにするかずっと迷っていました。

「イラスト用ならサイズの大きいiPad Pro 12.9インチがおすすめ」という意見が多い印象でした。

しかし私はiPad mini(7.9インチ)を長年利用しており、コンパクトなサイズのタブレットの良さを知っていたので11インチも捨てがたいと思ったのです。

▼スペック比較

種類 iPad Pro12.9インチ iPad Pro11インチ
高さ 28.06cm 24.76cm
21.49cm 17.85cm
厚み 6.4mm 5.9mm
重さ 682g(wi-fiモデル) 466g(wi-fiモデル)

※対応アップルペンシルはどちらも第2世代

リサーチしたところ、iPad Pro 12.9インチのメリット・デメリットには以下のような点が上げられていました。

iPad Pro12.9インチのメリット
  • 画面が大きいので、クリエイティブな作業がはかどる
  • スプリットビュー(アプリで画面を分割)が使いやすい
iPad Pro12.9インチのデメリット
  • 手で持ったときに操作しにくい
  • サイズが大きいので持ち運びにくい

12.9インチを選んだのは、自分が想定する使い方ではデメリットがあまり気にならないと判断したからです。

▼想定している使い方

  • 頻繁に外へ持ち歩くことは考えていない
  • 自宅でお絵かき用メインで使う

このような理由から12.9インチを選択してよかったです。

サトル
サトル
どのように使うかを考えて、サイズを選んでみよう

12.9インチは画面が大きいので、スプリットビューで動画とお絵描きアプリを同時に表示してジェスチャードローイングがやりやすいです。

ジェスドロ例

※動画はジェスドロパーティー、アプリはProcreateを開いています。

ジェスチャードローイング(短時間のクロッキー)でイラストの習慣化に成功したので、iPadでも行なっていきたいです。

ジェスチャードローイングのすすめ
ジェスチャードローイングのすすめ!初心者が、半年間取り組んだ効果は?【コツや本を紹介】パルミーの「毎日一緒にジェスチャードローイング講座」を半年間継続した効果やメリットについての記事です。1日目と半年後のビフォーアフターも載せていますので、参考にしてみてください!他にはジェスチャードローイングの内容、使っている道具、一緒に参考にすると役立つ教本や、継続のためのコツについてまとめています。...

iPad Pro12.9インチのサイズ比較

A4・B5用紙とサイズ比較

購入する際に気になっていたのが本体のサイズです。

A4やB5用紙と比較すると、どれくらいのサイズか比較してみました。

▼A4・B5コピー用紙と比較した場合

iPadProサイズ比較

▼A4用紙を上にのせた場合

A4コピー紙をのせる

縦サイズはA4サイズの方が大きい。
横サイズは12.9インチiPadProの方がわずかに大きい。

▼B5用紙を上にのせた場合

B5コピー紙を上にのせる

B5サイズ用紙は画面に収まるくらいのサイズです。

お絵描きアプリのツール配置を考慮すると、実際に描画できる範囲はB5サイズに近いといえるでしょう。(procreateなどツールが占める範囲が狭いアプリの場合。次の見出しで解説します)

スプリットビューでアプリ(アイビスペイント)を2分割にした場合

スプリットビューの見本

スプリットビューで画面を半分にすると、画面はA5サイズより少し小さい位のサイズになります。(定規で測った目安サイズ 縦:19.7cm 横:13cm)

iPadでお絵描きアプリを使う際の、画面のサイズの注意点

iPadでイラストを描く際のサイズについて、注意しなければいけない点があります。

それは、お絵描きアプリで「実際に描画できる範囲」について。

iPadの画面全体が描画できる範囲にはならず、アプリのツール分、描画できる範囲は狭くなることに注意しましょう。

例えば、Procreate(プロクリエイト)というアプリでは、赤で囲った部分がツールとなります。

プロクリエイトの画面

赤で囲ったツールを除いた範囲がイラストを描くことの出来る範囲(キャンバス)となります。

描画できる範囲はアプリによって異なるので、利用したいアプリのツールの配置やサイズを考慮しましょう。

他のお絵描きアプリでの描画範囲(初期設定)を簡単に紹介します。

▼アイビスペイント(有料でDL)

アイビスペイントの画面

▼メディバンペイント(無料でDL)

メディバンペイントの画面

メディバンペイントは無料の場合、広告が入ります。

自分の使いたいアプリのツールと描画範囲をチェックしてくださいね。

お絵描きに必要なペーパーライクフィルムとiPad用ケース

iPadPro12.9インチで絵を描くために購入したペーパーライクフィルムとケースを紹介します。

iPadで絵を描くのに適したペーパーライクフィルム

iPadの画面にペーパーライクフィルムを貼ると、紙に近い描き味になります。

選んだフィルムは、ベルモンドのケント紙タイプです。

複数のレビューサイトで上位にランクインしていたことと、貼り付けに失敗した際に1回まで交換可能な点がメリット。

ミサキ
ミサキ
貼り付け方の動画も用意されており分かりやすかったよ

ケント紙に近い描き味で、描きやすく満足しています!

▼より詳しいベルモンドのペーパーライクフィルムのレビューはこちらで紹介しています

ベルモンドのペーパーライクフィルム「ケント紙タイプ」は初心者におすすめ【レビュー紹介】iPadでのお絵描きに最適な、ベルモンド(BELLEMOND)ペーパーライクフィルムのレビューを紹介。商品の内容物やメリット・デメリット、イラスト・文字用の豊富なラインナップを解説。自分に合った描き心地のフィルムでiPadでのお絵描きを楽しみましょう。...

iPadでイラストを描く際におすすめのiPadのケース

ケースはESRのケーススタンドを選びました。

選んだ理由
  • 9段階の角度調整が可能な点
  • 絵を描く人による、「使いやすい」というレビューがあったため

家の中の持ち運びとお絵かき用にぴったりで、気に入っています。

ESRのケースは以下の記事でより詳しくレビューしています

ESRのイラスト用iPadケース
コスパ抜群!イラスト用にはESRのiPadケースがおすすめ【レビュー紹介】イラスト用に最適なESRのiPadケース「iPad Pro12.9 2021 Sentry保護ケーススタンド付き」のレビューを紹介。コスパが良く、9段階の角度調整に対応。お絵描き目線での口コミも紹介していますので、iPadPro用ケースを探している方は参考にしてくださいね。...

お絵かき用iPad Pro12.9インチ購入のまとめ

iPad Pro12.9インチを選んだ理由と画面サイズ、付属品についてまとめました。

【購入金額の目安】

  • iPad Pro12.9インチ本体(128GB):129,800円(定価の場合)
  • Apple Pencil 第2世代:15,950円(定価の場合)
  • ペーパーライクフィルム: 1,680 円(購入時の金額)
  • iPad Proケース 2,999円(購入時の金額)

合計:150,429円

iPad Proはとても高価な買い物でしたが、それだけの価値があるツールです。

もっと早く購入すればよかったと思っています。

気になっている方はサイズ選びなど、購入の際の参考にしてくださいね。